Mリーグ最長タイのロングゲームは復活への滑走路!白鳥翔が渋谷ABEMASを再び羽ばたかせる!【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

 

なんと白鳥がを一発ツモ!そして裏ドラが暗刻の!この3000-6000は3800-6800で、白鳥が再度トップに立った。

次局の親番、白鳥は捨て牌が3段目に入った13巡目で待ちテンパイを入れる。手の中でピンフイーペーコーの手役ができているので、出アガリは可能。赤1枚で5800点は打点としてはまずまず、巡目も深いが・・・

白鳥の選択はリーチ!打点を満貫以上に引き上げ、一気に勝負を決めに行くルートだ。

直後、瀬戸熊の追っかけリーチがかかるも・・・

白鳥、この日3度目の一発ツモ!会心の6000オールで、この試合のトップをほぼ盤石なものとした。

その後、親番での加点がならなかったとあれば、きっちり残り2局を消化してゲームを終わらせるだけ。瀬戸熊のツモアガリで少し点棒を減らしたものの、6万点越えの大トップで、Mリーグ最長タイとなる23局に及ぶロングゲームを制した。

この勝利の決め手として、彼のリーチ判断を挙げたい。特に南2局の6000オールは、人によってはダマテンで構え、2600オールをツモりながら「ああ、リーチをかけておけば一発ツモだったなあ」と後悔することもあるのではないだろうか。白鳥はそこで勝負どころをしっかりと見極め、勇気を持って踏み込んだことによって、大きなリターンを手にしたのだ。

そんな勇気を持つ彼は、勝利者インタビューで唐突に

「同い年の瑞原さんとの女流対決を制したかった」

という、リアクションに困るシュールなジョークを何の躊躇もなくねじ込んだ。

いや・・・個人的には嫌いじゃない、むしろこういうねじ込み方はちょっと好きなのだが・・・

インタビュアーの松本圭世さんがどんな表情をしていたのが、少々気になるところだ。

とにかく、白鳥はこの勝利で今シーズンの個人スコア第3位に浮上すると共に、渋谷ABEMASを最下位から救い出した。

さらに続く第2回戦では、ABEMASの元気印・日向藍子が一度はトップ目からU-NEXT Pirates石橋伸洋に逆転されるも、再逆転をしてトップ獲得。チームは1日で140ポイント以上を稼ぐという大勝利を収めた。

白鳥のロングゲームが滑走路となり、渋谷ABEMASがこれから高く、大きく浮上する・・・そんな予感が漂った、11月21日の試合だった。

 

おまけ

この日の放送中に実況の日吉辰哉さんが触れていたが、ここまで4トップを取っている瑞原明奈は、なぜか日吉さんが実況のときばかりラスを引くというデータがある(※3着も1回ある)。

もちろんそんなものはただの偶然でしかないのだが、リーグが続くと、不思議とそんなジンクスが生まれてくるものである。そういう「オカルト」なデータを蓄積しながら試合を見ていくのも、Mリーグの少し変わった楽しみ方としては、ありかもしれない。

なお、ここまでの今シーズン、11/21付けでの日吉さん実況時の成績を見ていくと、ポイント1位が瀬戸熊直樹の167.9p、2位が白鳥翔の142.2p。一方で29位は瑞原明奈の-223.6pだが、28位は佐々木寿人の-114.5pだった。

この数字を見てどう思うかは、あなた次第。

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!