【麻雀点数表 / 早見表】子 / 親のアガリ点、ピンフ / 七対子の点数計算

【麻雀点数表 / 早見表】子 / 親のアガリ点、ピンフ / 七対子の点数計算

コレで完璧、点数計算!
一見複雑な麻雀の点数計算も、早見点数表で一発解決!
さらに点数計算の複雑さのナゾも明らかに!

子がアガったときにもらう点数

1翻 2翻 3翻 4翻 5翻
ピンフ ロン 1,000 2,000 3,900 8,000 【満貫】
■ロン
8,000
■ツモ
子/2,000ずつ
親/4,000
ツモ 子/400ずつ
親/700
子/700ずつ
親/1,300
子/1,300ずつ
親/2,600
チートイツ ロン 1,600 3,200 6,400
ツモ 子/800ずつ
親/1,600
子/1,600ずつ
親/3,200
30符 ロン 1,000 2,000 3,900 8,000
ツモ 子/300ずつ
親/500
子/500ずつ
親/1,000
子/1,000ずつ
親/2,000
子/2,000ずつ
親/4,000
40符 ロン 1,300 2,600 5,200 【満貫】
■ロン
8,000
■ツモ
子/2,000ずつ
親/4,000
ツモ 子/400ずつ
親/700
子/700ずつ
親/1,300
子/1,300ずつ
親/2,600
50符 ロン 1,600 3,200 6,400
ツモ 子/400ずつ
親/700
子/800ずつ
親/1,600
子/1,600ずつ
親/3,200
60符 ロン 2,000 3,900 8,000
ツモ 子/500ずつ
親/1,000
子/1,000ずつ
親/2,000
子/2,000ずつ
親/4,000
70符 ロン 2,300 4,500 【満貫】
■ロン
8,000
■ツモ
子/2,000ずつ
親/4,000
ツモ 子/600ずつ
親/1,200
子/1,200ずつ
親/2,300
80符 ロン 2,600 5,200
ツモ 子/700ずつ
親/1,300
子/1,300ずつ
親/2,600
90符 ロン 2,900 5,800
ツモ 子/800ずつ
親/1,500
子/1,500ずつ
親/2,900

親がアガったときにもらう点数

1翻 2翻 3翻 4翻 5翻
ピンフ ロン 1,500 2,900 5,800 12,000 【満貫】
■ロン
12,000
■ツモ
4,000オール
ツモ 700
オール
1,300
オール
2,600
オール
チートイツ ロン 2,400 4,800 9,600
ツモ 1,600
オール
3,200
オール
30符 ロン 1,500 2,900 5,800 12,000
ツモ 500
オール
1,000
オール
2,000
オール
4,000
オール
40符 ロン 2,000 3,900 7,700 【満貫】
■ロン
12,000
■ツモ
4,000
オール
ツモ 700
オール
1,300
オール
2,600
オール
50符 ロン 2,400 4,800 9,600
ツモ 800
オール
1,600
オール
3,200
オール
60符 ロン 2,900 5,800 12,000
ツモ 1,000
オール
2,000
オール
4,000
オール
70符 ロン 3,400 6,800 【満貫】
■ロン
12,000
■ツモ
4,000
オール
ツモ 1,200
オール
2,300
オール
80符 ロン 3,900 7,700
ツモ 1,300
オール
2,600
オール
90符 ロン 4,400 8,700
ツモ 1,500
オール
2,900
オール

5ハン以上のアガリ点(満貫以上の得点表)

4ハンまでは、点数は1ハンごとにほぼ倍になりますが、5ハンからはゆるやかに上昇します。

役名 翻数 得点
満貫 5翻 子/8,000
親/12,000
ハネ満 6〜7翻 子/8,000
親/18,000
倍満 8〜10翻 子/16,000
親/24,000
3倍満 11〜12翻 子/24,000
親/36,000
役満 役満の役(13翻〜) 子/32,000
親/48,000

ピンフの点数計算

ピンフのアガリ点は決まっているので、以下の表を暗記すると良いでしょう。語呂合わせにすると覚えやすいです。

役名 子のアガリ(点) 親のアガリ(点)
1翻 ロン 1,000 1,500
ツモ
2翻 ロン 2,000 2,900
(ニック)
ツモ 400 / 700
(ヨンナナ)
各700
3翻 ロン 3,900
(ザンク)
5,800
(ゴッパ)
ツモ 700 / 1,300
(ナナトーサン)
各1,300
(イチサンオール)
4翻 ロン 8,000 1,200
ツモ 1,300 / 2,600
(イチサンニンロク)
各2,600
(ニンロクオール)
5翻 ロン 8,000
(満貫)
12,000
(満貫)
ツモ 2,000 / 4,000
(満貫)
各4,000
(満貫)

七対子の点数計算

七対子の点数計算は特殊で、4ハンあっても満貫とはならず6,400点になります。以下の表を覚えるのが理想ですが、最初のうちはこの表を見ながらプレイしても良いでしょう。

役名 子のアガリ(点) 親のアガリ(点)
2翻 ロン 1,600 2,400
ツモ
3翻 ロン 3,200 4,800
ツモ 800 / 1,600 各1,600
4翻 ロン 6,400 9,600
ツモ 1,600 / 3,200 各3,200
5翻 ロン 8,000
(満貫)
12,000
(満貫)
ツモ 2,000 / 4,000
(満貫)
各4,000
(満貫)

符計算

点数計算と同時に、符計算の仕方も覚えておきましょう。符計算はこちらの記事で解説しています。

麻雀の符計算の仕方、符計算・早見表

2020.10.16

役ごとのハン数

ハン数は役とドラの合計で決まります。点数を計算するために、まずは役ごとのハン数を覚えなければなりません。役ごとのハン数は以下の記事で一覧でご覧いただけます。

【麻雀役一覧】役の成立条件・成立例・鳴きOK/鳴き不可がひと目でわかる!1飜役・2飜役・3飜役・6飜役・役満

2020.06.05

点数計算が複雑になった理由

初めて麻雀をプレーする人のほとんど全員が「なぜこんなややこしい点数システムなの?」と思うでしょう。普通のゲームだと、子の30符の1ハンが1,000点、2ハンが2,000点なら、3ハンは4,000点になるところですが、なぜか麻雀は3,900点になります。

実は麻雀が生まれた頃は、こんなにややこしくはありませんでした。符の数え方はほとんど同じで、算出したものが子一人の支払いの額だったのです。たとえば 30符の手を誰かがアガったら、子2人は30 点ずつ、親は60点を支払うシステムとなっていました。

もしロンアガリの場合でもこれは同じで、アタリ牌を捨てた人が1人で責任を持って支払うのは日本人が考えたルールです。たとえロンでも、同じように30点、60点を支払えば良かったので、合計で120点という足し算すらする必要がありませんでした。とにかく符計算だけやればよかったのでのです。ただし、もし役がついた場合は、1ハンごとに倍にします。30符で1ハンのアガリなら、子は60点ずつ、親は120 点を支払えば良いし、もし2ハンならさらに倍で120・240です。

当時は役がなくてもアガれましたし、ほとんどが1ハン役でドラもなかったため、5ハンとか6ハンということはまずありえませんでした。 符計算が少しわずらわしいですが、少なくとも今よりは簡単な点数計算システムだったのです。

ところが日本にきて、先述のように1人払いが生まれたため、ロンアガリとツモアガリの点数という区別ができました。そしてある時、理由は定かではないのですが、場に2ハンをつけて、アガリには最低1ハンをつけるというルールが流行しました。これが現在の日本麻雀のルールです。

するとどうなるか。子の30符1ハンなら、まず倍の60。これに場の2ハンもあるので、倍の倍で240点となる。子が240、親は480点。このルールの採用とともに、10点棒は100点棒に昇格するなど、すべてが10倍になりました。最小単位が100点棒になったこともあり、10 点の位は切り上げることとなったのです。すると240は300となり、480は500となる。これが点数早見表の30符1ハンツモアガリの300・500 点という点数です。

ロンアガリの際にどうするか。このまま合計して1,100点にすればわかりやすかったのですが、まずは240+240+480点としたからおかしくなったのです。これだと合計960点となり、切り上げたらちょうど1,000点。合理性でいえば1,100点ですが、やはり1,000点という方がスッキリということで、こちらが採用されたのかもしれません。誰が考案したかも不明であり、理由は分からないですが、かくして「ガタガタの」点数計算早見表ができたのです

念のため計算してみると、30符3ハンは、30の倍の倍の倍。240をさらに2回、倍するので960・1,920です。これを切り上げると1,000・2,000ですが、切り上げる前に合計すると、3,840点となります。これを切り上げるから3,900点となってしまうわけです。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト