日向藍子、神頼みが通じたか…!? レギュラーシーズン最終戦をトップで締めくくり、ABEMAS2位でフィニッシュ!!

日向藍子、
神頼みが通じたか…!?
レギュラーシーズン最終戦を
トップで締めくくり、
ABEMAS2位でフィニッシュ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の89日目第2戦は、日向藍子渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

4人中、雷電以外の3人が連闘となった2回戦、日向がスタートダッシュを決めて好位置につけると、内川や小林のリーチにも競り勝って点棒を稼ぐ。オーラスは親の小林に辛く、内川に甘いクレバーな打牌を見せて、危なげなく終局。自身5勝目を勝ち取って、ABEMASは2位でレギュラーシーズンを終えた。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎TEAM雷電黒沢咲U-NEXT Pirates小林剛、そして日向。

東1局、親の日向はドラのを重ねてイッツーのカン待ちテンパイ。これをヤミテンに構えて黒沢から討ち取り。親マンガンで日向が先行。

同1本場、ドラのをポンした内川に対して、ピンフのヤミテンを張っていた日向。をツモるととスライドさせてリーチ! 5800点へと打点上昇したなら勝負する価値ありと踏んだ日向に、風が吹く。内川が日向に放銃して、さらに日向がリードを広げる。

東3局、順風の日向が4巡目にテンパイ。待ちを即リーチ。しかし同巡、内川にもドラ3・赤1のテンパイが入る。待ちで即座に追いかけ、ハネマン確定リーチをかける。

結果は日向のツモアガリ。500・1000と見た目は安いが、内川の大物手を潰した点数以上に価値のあるアガリとなった。

南2局には、小林のリーチに対して日向がチーテンを入れて、ツモアガリ。タンヤオ・サンアンコー・ドラ2の2000・4000。このアガリが決定打となって、日向がレギュラーシーズン最終戦をトップで終えて5勝目をあげた。

熾烈なボーダー争いを演じている小林は3位で終了。7位ドリブンズとの差はわずか12.9ポイント。9日月曜日のドリブンズの結果待ちということになった。

勝利者インタビューで日向は「ホントにめちゃくちゃ嬉しいです。昨日監督が”やっちゃう?”みたいな感じでチャンスをくれたので、ちゃんと活かせたことが嬉しいです」と喜びを語った。

また、松本さんから試合の日に神社に参っていたことを暴露されると「私が打たないときも、マネージャーと一緒に、お賽銭の領収書をもらいたいくらい行ってまして…。でもその甲斐がありましたね」とチームの内幕を語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 4万8400点/+68.4
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万1600点/+1.6
3着 小林剛・パイレーツ 1万6800点/▲23.2
4着 黒沢咲・雷電 1万3200点/▲46.8

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +486.3(88/90)
2位 渋谷ABEMAS +273.9(90/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +151.9(88/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +48.4(90/90)
5位 TEAM雷電 ▲80.1(90/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲202.3(90/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲215.2(88/90)
8位 EX風林火山 ▲482.9(88/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

3月6日の対戦は
サクラナイツvsABEMASvs雷電vsPirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN/雷電vsU-NEXT Pirates

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!