近藤誠一、チーテン取らずの18000!! セミファイナル初勝利で首位攻防戦を死守!!

近藤誠一、
チーテン取らずの18000!!
セミファイナル初勝利で
首位攻防戦を死守!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の6日目第1戦は、近藤誠一セガサミーフェニックス)がトップを獲得。

首位フェニックスと2位サクラナイツの首位攻防戦は、沢崎が先行して近藤が追う展開に。オーラスまで僅差で沢崎がリードしていたが、親の近藤がドラポンからのマンガンツモでトップ逆転。フェニックスがセミファイナル初勝利で首位を死守した。

1回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして近藤。

局面が動いたのは東3局2本場。近藤のドラ切りリーチと、親の沢崎の追いかけリーチに挟まれた瑞原がスジとワンチャンスに頼ってを切ると、沢崎の待ちノベタンに命中。リーチ・一発・赤1の7700で、沢崎がトップ目に立つ。

沢崎は次局も、前原からリーチ・・赤2の12000を仕留めてリードを広げる。

そこに待ったをかけたのが近藤。流局を挟んだ東4局5本場、3巡目に赤3枚を得た親の近藤。9巡目に前原と瑞原の2軒リーチを受けて、近藤は上家の沢崎が切ったをスルー。チーすると、ドラのカンチャン待ちとは言え12000点のテンパイになるのだが…。

すると次巡、近藤はそのドラのをツモってテンパイ。を切って3軒目のリーチを宣言する。 この待ちのを瑞原が掴んでしまう。リーチ・ピンフ・ドラ1・赤2、そしてウラが1枚で18000。このアガリで一気に沢崎に並ぶ。

沢崎・近藤の競りでむかえたオーラス。近藤がとドラのを赤含みでポンした近藤が他家にプレッシャーをかける。近藤はさらにカンをチーして待ちでテンパイ。そしてをツモって4000オールのアガリをものにして、ついに沢崎を逆転する。

次局は、ラス目の瑞原がペンをチーして、ジュンチャンサンショク・ドラ1をリーチの沢崎から討ち取って8000点。瑞原が3着に浮上して試合終了。

近藤がフェニックスにセミファイナル初勝利を持ち帰った。

勝利者インタビューで近藤は「ちょっとホッとしましたね。トータルトップであってもトップがないとジメッとした雰囲気になりますよね。それがようやく払拭できたかと思います。セガサミーフェニックスはまだまだこれから精一杯闘います、皆さんに楽しんでいただけるように頑張りますと語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 5万8900点/+78.9
2着 沢崎誠サクラナイツ 3万5000点/+15.0
3着 瑞原明奈・パイレーツ 3400点/▲36.6
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2700点/▲57.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +254.1(7/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +131.6(7/16)
3位 渋谷ABEMAS +69.6(8/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +41.3(7/16)
5位 U-NEXT Pirates +23.8(7/16)
6位 TEAM雷電 ▲155.0(8/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月23日の対戦は
セガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:園田賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ6日目

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!