独走が止まらない佐々木寿人 「魔王タイム」はどのように生み出されるのか⁉︎【Mリーグ2020観戦記12/4】担当記者:真中彰司

独走が止まらない佐々木寿人 

「魔王タイム」はどのように

生み出されるのか⁉︎ 

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年12月4日

第2試合

東家 二階堂亜樹EX風林火山

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家 沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

北家 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

今回取り上げるのは、麻雀格闘俱楽部の絶対的エース、佐々木寿人

ここまで11戦6トップ、個人首位を快走中のこの男の持ち味は、なんといっても圧倒的な攻撃力。

その怒涛の「魔王タイム」に巻き込まれた相手は、ただただ点棒を払い続けるしかない。

しかし、この魔王タイムを生み出すためには、ただ攻め続けるだけではいけないのだ。

今回は、魔王タイムの「準備」とも呼べる1局を取り上げたい。

東1局

東発からホンイツか七対子を目指して手を進めていく寿人。

を重ねればテンパイというところまで来たが…

 

魚谷がをポンして、さらにを手出し。

明らかにピンズのホンイツで前に出てきている。

さらに沢崎も、かなり中張牌を切りつつ、単騎の七対子にまとめていた。

テンパイを目指すならも切り飛ばしてしまいたいところ。

しかし、そこで安易に打たないのが近年の寿人なのである。

を打って撤退し、1人ノーテンで失点を最小限に抑えた。

アガリの見込みが無いときは、絶対に中途半端に放銃しない。

これが魔王タイムの第1段階であり、ジャンプする前に膝を折り曲げている段階なのだろう。

東1局2本場

そして次局。なんとも威圧感のある仕掛けが場を凍り付かせる。

をポンして、混老頭や清老頭まで見える仕掛けだ。

この仕掛けの主は…

なんと亜樹だった。亜樹の3副露は非常に珍しく、高いことが予想される。

亜樹もそのイメージを逆手に取って、あえて遠く高い仕掛けを使ったようだ。

普通の打ち手ならそれでも手を進めて、何とか安全に局を流そうとするだろう。

だが、寿人は違った。の両面テンパイまでたどり着くと、堂々とリーチに打って出たのだ。

親が高そうな仕掛けをしていて、自分は役アリでダマテンできる手。

それなのにリーチをするというあたりが、実に寿人らしい。

「この局は降りない、必ずアガるんだから問題ない」という強烈な意志を感じる。

すると、亜樹から一発でが出てきて満貫のアガリになった。

親に立ち向かってもぎ取った、気持ちの良いアガリ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!