勝又健志が直面した麻雀の不条理 それでもEX風林火山は前を向く【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/15】担当記者:東川亮

勝又健志が直面した

麻雀の不条理 それでも

EX風林火山は前を向く

文・東川亮【木曜担当ライター】2021年4月15日

麻雀は、本当に怖くて面白いゲームだ。

運が絡むゲーム性である以上、確率や期待値に反する結果が出るケースは枚挙に暇がない。

時にどうしようもない不運に襲われ、時に驚くような幸運に恵まれる。

麻雀における幸運と不運は、いつだって表裏一体。

麻雀打ちはそれらに翻弄されながら、幸運を味方につけられるよう、日々技術を磨いているのだ。

4月15日 第2回戦

東家:黒沢咲TEAM雷電

南家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

西家:勝又健志EX風林火山

北家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ 

 

東2局

黒沢、そして親の内川が好配牌をもらう。

テンパイ一番乗りは早々に役牌を仕掛けたたろうだったが、黒沢が【5ソウ】【8ソウ】待ちで追いついてリーチ。

リーチタンヤオ平和ドラで打点は十分だ。

親番、好形、打点も見える。

内川には前に出る理由がたくさんあった。

それゆえの【5ソウ】プッシュ。

黒沢が内川から8000は8300を出アガリし、まずはリードを奪う。

東3局は親の勝又にものすごい配牌。

リーチは時間の問題かと思われた。

内川は大三元の気配が漂う牌姿だが、さすがに遠い。

 

しかし、うまく行くときはこんなものか。

【發】をポンすると、【9ソウ】【2ソウ】と立て続けに鳴けて、あっという間にテンパイ。

【白】単騎待ちで【發】【中】ホンイツトイトイ小三元の倍満手にまで仕上がった。

アガリに向けてしゃにむに突っ走る内川を横目に、勝又はゆったりと構える。

カン【4ソウ】待ちテンパイは【4ソウ】がすでに2枚切れなので取らず。

【8マン】【9マン】待ちならば納得と見たか、ここでリーチと打って出た。

内川は序盤に【6マン】を切っており、マンズの上は使えなさそうだ。

内川は【中】切りで守備にも回れるが、自身の手はいわゆる「この手をオリていては麻雀にならない」形。

真っ向勝負とばかりに、ドラをノータイムでたたき切る。

危険なリーチへの真っ向勝負は、麻雀をやっていて最も面白い局面の一つ。

おそらく無意識だろう、内川の顔に笑みが浮かぶ。

超危険牌を連打してくる内川のただならぬ様子は、勝又には当然分かっていたはずだ。

尋常でない押しは、手の内の強烈さを推察させる。

おそらく、満貫程度では済まないことも感じていただろう。

そこへ掴んだ【白】、勝又が牌を切る手に、どこか観念した様子が感じられた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!