高打点飛び交う乱戦 四暗刻はならずとも、内川幸太郎は手順と押し引きで勝つ【Mリーグ2021観戦記12/27】担当記者:東川亮

高打点飛び交う乱戦
四暗刻はならずとも、
内川幸太郎
手順と押し引きで勝つ

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2021年12月27日

こちらは、12月27日の大和証券Mリーグ・第1試合の点数推移グラフである。この試合は、点数も順位も派手に動いた。何しろ全13局中、1度の流局を除いた全てのアガリが3翻以上という中打点・高打点の応酬となったのだ。

こちらは第2試合のグラフ。比較すると、乱戦具合が一目瞭然である。第1試合で何が起こったのか、追っていきたい。

第1試合
東家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
南家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部
西家:瀬戸熊直樹TEAM雷電
北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

東2局。内川はこの形から暗刻になった【6マン】をツモ切った。残して【西】を切れば、【1マン】【2マン】【3マン】【1ピン】【2ピン】【3ピン】とテンパイできる牌が6種類に増えるが、役なしテンパイになる可能性もかなり高まる。現状、テンパイ時は愚形待ちになるのが確定。それならば打点を伴わせて手の価値を高めよう、ということだ。

ズバッと【2ピン】を引き入れてペン3m待ちリーチ。こうなると、ツモ切った【6マン】が迷彩として生きてくる。おそらく、この最終形も考えてのツモ切りだったはずだ。

【3マン】を瀬戸熊から捉え、リーチ三色の5200。ツモアガリで削られた失点の回復に成功する。

東3局1本場、ここは白鳥の手がいい。1巡目ですでに2メンツ完成、ドラ【7ソウ】がトイツでかなりまとまりそう、打点も高くなりそうだ。

一方の内川、決していい手とは言えない。

しかし10巡目、内川の手はとんでもないことになっていた。四暗刻1シャンテン。配牌が悪くても、そこからツモ次第で一気に手が変わるのも、麻雀の面白いところだ。

それでも、先制テンパイは白鳥。ややもたついたが、先制のリャンメン待ちリーチドラ1、高目【2マン】ならイーペーコーもつく。

遅れて内川もテンパイ。ペン【7ピン】受けも残していたが、引いたのは3枚目の【8ピン】

四暗刻だ。

【3ピン】はないが、【發】は山に2枚。内川はこれをダマテンとする。白鳥が河に【赤5ピン】【4ピン】【4ピン】と並べていて【3ピン】が通りそうに見えることから、ここはアガリそのものの可能性も高める選択をした。

もちろん、最高の結果はツモること。内川と四暗刻は、ある意味でMリーグでは切っても切り離せない関係である。ついに訪れた払拭のチャンスだったが、

白鳥の最後のアガリ牌【2マン】が、山に2枚残った内川の【發】よりも先にいた。リーチツモイーペーコードラで2000-4000は2100-4100、これで白鳥がトップ目に浮上する。

東4局、瀬戸熊が【5ソウ】をカンチャンでチーしてペン【7ピン】待ちテンパイ。普通の鳴きに見えるが、安い仕掛けをあまりしない瀬戸熊がこの巡目から鳴いた以上、他者からはそこそこ打点がある1シャンテン、あるいはテンパイでもおかしくないと見えていそう。実際に、【白】ドラドラと、打点はそこそこ。しかし、驚いたのはこの後だ。

直後、内川から打たれた【白】を大明カンしたのだ。大明カン自体が珍しいのに、それを瀬戸熊がしたというのはちょっと記憶にない。本人いわく、「打点アップとペン【7ピン】待ちを出やすくしたかった」とのこと。瀬戸熊はソーズを切っておらず、ソーズの一色から打点アップを狙ったと見せることでソーズを警戒させて裏をかくという作戦だったようだ。

さすがに異常事態、白鳥は早々にオリにまわる。

滝沢は前巡の【7ソウ】引きでメンツを崩しており、【7ピン】も止まった。

だが、そこにぶつけていったのが親の内川。【中】【東】と鳴いて、さらに【9ピン】をポン。ここから【4ピン】を切って【5マン】【8マン】待ちテンパイになるが、ピンズは直前まで切っておらず、他者からはピンズのホンイツに見えなくもない。そうなれば12000、18000も覚悟だ。

次巡、白鳥の手が止まる。

早々に守備に回っていたのに、打てる牌がなくなってしまったのだ。

瀬戸熊にはソーズが全く通っておらず、内川にはピンズが怖い。【3ピン】【6ピン】で当たるなら赤が絡んでいそうな上に【3ピン】のシャンポン待ちや単騎待ちも否定はできず。切られた【4ピン】のスジ【7ピン】生牌で、当たるケースはいろいろある。それでも、打つ牌をひねり出さなければならない。

白鳥の決断は、両者の色と被っていない【5マン】

内川への12000放銃は、まさに激痛。

次局、白鳥はわずか4巡で、チートイツドラドラ赤からハネ満確定のリーチ。【南】【北】かの待ち選択で、白鳥は「自分しか役にならない風牌なのに、誰も切っていないから山にいる」という読みから、【北】を切って【南】待ちとした。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!