狙うのか、狙ってもいいのか ファンを湧かせた魚谷侑未の役満・九蓮宝燈チャレンジ【Mリーグ2021観戦記2/14】担当記者:東川亮

狙うのか、狙ってもいいのか
ファンを湧かせた
魚谷侑未
役満・九蓮宝燈チャレンジ

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年2月14日

大和証券Mリーグ、2月14日の第1試合は、松ヶ瀬隆弥が大きな勝利を収めた。

東2局1本場では村上の先制リーチを受け、ホンイツドラドラのテンパイから【發】のトイツ落としでまわり、

さらに高打点、タンヤオチンイツドラドラの倍満、4100-8100に仕上げた。

東3局1本場の親番ではリーチツモピンフ赤裏裏の6000は6100オール。チャンスをものにして高打点を決めつつ、試合を通じて放銃をゼロに抑えるという見事な戦いぶりだった。

だが、この試合の観戦記を書くのであれば、やはり彼女の選択を取り上げさせていただきたいのである。

魚谷侑未、彼女が追ったのは夢ではなく、可能性だった。そして我々ファンはその姿に、その闘牌に、心を躍らせる。

第1試合
東家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)
南家:村上淳赤坂ドリブンズ
西家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山
北家:松本吉弘渋谷ABEMAS

南1局1本場。親番、魚谷の第1打を終えての牌姿である。ピンフ高目一気通貫の1シャンテン、1巡目としてはSクラスの手牌と言ってもいい。だが、その先には麻雀打ちの夢もほの見える。

6巡目、一気通貫が完成してテンパイ。ピンフ一気通貫、リーチをかけてアガれば満貫からで、2万点以上離れたトップ目の松ヶ瀬も一気に射程圏内になる。ましてやツモって一発や裏ドラを絡めてのハネ満に仕上げれば、一気に松ヶ瀬を抜き去りトップ目に浮上だ。しかし、この手の限界を今決めていいのか。本当に決めていいのか。

魚谷は手を止め、考える。そして一つうなずき、手牌を選んだ。決意の表情。

選んだ牌は【7マン】、テンパイ外し。だがこう打った以上、彼女にとって、そして見ている我々にとって、この手は2シャンテンである。

役満・九蓮宝燈

門前チンイツかつ

1112345678999+X

の形でのみ成立する極めて難易度が高い役の一つであり、麻雀において最も美しいと言われる役満である。キンマweb観戦記ライター・ZEROさんの著書「麻雀手役大全」によると、出現確率は0.0002パーセントだそうだ。Mリーグでも、まだ誰もアガっていない。

ここから九蓮宝燈になるには、少なくとも【9ピン】が2枚必要だ。だが、逆に言えば【9ピン】2枚を使えればいいと言えるし、もし先に自分で引けたなら9面待ちのいわゆる「純正九蓮宝燈であり、たとえそうならなかったとしても、チンイツになる可能性もそこそこありそうで高打点は十分狙える。そして巡目もまだ早い。満貫なら12000だが、役満になれば48000。アガリからいったん遠ざかっても、魚谷は究極を目指した。

これは、現状の点数状況も決断を後押ししたと思われる。現状魚谷は2番手で、3番手松本との点差は3万点以上、逆転される可能性はそれほど高くはなさそう。そして満貫では松ヶ瀬からの直撃でない限り、迫りはするが逆転には至らない。そして前述の通り、九蓮宝燈は滅多にお目にかかれる役ではないが、それが現実的に見える材料がある。ならばここは、思い切ってチャレンジしてもいいのではないか。そんなふうに考えたのかもしれない。

だが、次巡魚谷のもとに訪れたのは、なんと【9マン】。前巡にリーチをかけておけば、6000オールだった。

瞬間、奥歯を噛みしめたように見えた。だが、もちろんこの裏目も想定した上で【7マン】を切っていたはずだ。この局は松本のリーチを受けて対応にまわるも手を組み直し、逆に松本から7700は8000の出アガリを決め、加点には成功した。

南4局。魚谷とトップ目松ヶ瀬の点差は17100、そして3番手村上とは5万点近い差がある。多少無理をしてトップを狙っても許される局面、3巡目の役なしペン【3ピン】テンパイはアガリにくいし打点もないので、当然のように外す。

これならどうか。6巡目、役はないが待ちが【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】、先ほどよりははるかにいい。

これも取らず、マンズのメンツを壊す打【4マン】チンイツでのハネ満直撃か倍満ツモ・・・いやいや、もちろんそこも視野には入っているが、理想は違う。まさかまさかの、この試合2度目の九蓮宝燈チャレンジである。山に2枚残った【1ソウ】を引き入れれば、実現の可能性は一気に高まる。

ソーズが伸び、12巡目に門前でチンイツテンパイ、【3ソウ】【6ソウ】待ち。リーチをかけてツモれば倍満で逆転トップ。ただ、ダマのままだと松ヶ瀬からの直撃ならトップだが、それ以外はツモっても2着。そして何より、【1ソウ】【8ソウ】を引ければ高目九蓮宝燈のテンパイへと化ける。

ここを最終形としてリーチか、それともまだ先を見るか。

魚谷は、テンパイ打牌を縦に置いた。松ヶ瀬からの直撃が取れるとは、本人も思っていなかっただろう。それでもリーチをしなかった理由はただ一つ、さらなる手変わりだ。

ゆえに、松本から打たれたこの【3ソウ】を、一回スルーする選択もあったかもしれない。九蓮宝燈変化はもちろん、山越しでの松ヶ瀬からの直撃も考えられる。

だが、魚谷は試合を終わらせた。これを見逃して、後にアガれるかは分からない。巡目もかなり深くなってきており、ここは確実な12000の加点を取った。

試合後、魚谷は九蓮宝燈「特別な役満」だと語った。しかしだからといって、彼女はやみくもに九蓮宝燈を目指す打ち手ではないし、ましてや視聴者受けなどは微塵も考えていなかったはずだ。自身の手材料、点数状況、そしてチームのポイント状況を総合的に精査し、「狙える、狙ってもいい」と判断したからこそ、九蓮宝燈へと向かった。損得で言えば損なのかもしれないし、魚谷の判断を批判する声もあるかもしれない。でも、彼女が役満を狙ってくれたことで、放送が大いに盛り上がったのは紛れもない事実だ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!