俺たちは”全てを託されて”ここに来た……チームすべてを背負った男たちの奏でる抒情詩【Mリーグ2021-22セミファイナル 観戦記4/8】担当記者:渡邉浩史郎

リーチ・一発・ピンフイーペーコー・裏の余りにも大きい12000。

これで勝又は逆転まで40000点少々。一方の小林は67000点近くと、既に条件だけで言えば風林火山がパイレーツよりも近くなった。

【東1局4本場】

このまま続けるとABEMAS・格闘倶楽部どちらかが落ちる未来もある。

ここは寿人が勝又の親を落としにかかる。南をポンして目一杯。親への安牌が一枚もないノーガードだ。本来なら放銃しても平気な点棒状況で仕掛けたかったところだが、これまで防戦一方の配牌だった。黄色信号灯りかけの今だが、それでもまだ放銃可能ということで真っ直ぐ手を組んだ。

12巡目にして聴牌。山に四枚とかなり強い【2マン】【5マン】だが……

勝又も追いつく!! 当然メンタン赤、ツモってマンガンからの【3ソウ】【6ソウ】リーチで寿人を降ろしにかかる……

!?

【4ソウ】ダマだ!

寿人の最終手出しは【4ソウ】。確かにカン【7ソウ】待ちは十分あり得る。ここは出アガリ7700・ツモって4000オールの形を残しつつ、まさかの最終形、一発逆転の四暗刻手替わりも見た形だ。

とはいえこの局面でリーチを打たないということは、聴牌気配濃厚な寿人を自由に泳がせるということ。

条件戦という特殊な状況の中、勝又の見せた選択はまさにこれまで培ってきた勝又の麻雀観を表現する抒情詩といって差支えないだろう。

【7ソウ】が通って【4ソウ】を引き戻し、両面リーチを敢行するもここは流局。

【東1局5本場】

いよいよ親番を流しにかかりたい三名。仕掛けて役アリの手組を目指した寿人によもやの大物手が入る。

とはいえこれは条件戦。役満の必要な点棒状況ではない。一枚目の【1ソウ】から仕掛けて、待ち選択。

寿人は【2ソウ】【3ソウ】待ちを選択。【7ソウ】【8ソウ】待ちなら親番勝又の現物だが、ここは【1ソウ】ポン【4ソウ】暗刻でナチュラルに使いにくい【2ソウ】【3ソウ】を狙った形だ。

前巡まで危険牌を先打ちしていた多井がすぐに【2ソウ】を掴む。これを打ったらホンイツトイトイ三暗刻の12000。よもやのトップラス逆転の目まであり得るが……

麻雀星人は当然切らない。しびれるような極限状況、フッと集中力を切らせてしまえば打ち出されてもおかしくなかったが、しっかりと受けに回った。

止められない小林から【3ソウ】がツモ切られて3200は4700のアガリ。永遠に続くかと思われた勝又の一回目の親番が終わった。

【東2局】

何かに魅入られたように、勝又の手牌が止まらない。配牌イーシャンテンだ。切った【中】を……

小林が仕掛ける。ホンイツにすればマンガンから跳満まで見える手牌。ここで決めなければならない。

勝又がドラ待ちのペン【7ピン】で聴牌だがここはダマテン

一手替わり三色や聴牌外しからの一気通貫などを見つつ、ツモってしまったら【6マン】切りフリテンリーチで【9マン】ツモを狙いに行くだろう。

すぐに【9マン】を持ってきて文句なしのリーチ!!

ドラ暗刻の多井が【7マン】【5ソウ】と押していく。ファイナルも見据えて、ここは手牌に素直な押し引きを見せていく。

しかしテンパることはなく、流局。

【東3局1本場】は勝又が多井から【中】ホンイツの5200を出アガリ。

【東4局】

いよいよ正念場の小林の親番。

しかし6巡終わってまだ字牌が手の内に余る、かなり厳しい状況。

しかし【6ピン】【東】と引いたことで、一気に手牌が引き締まる。

すぐにポンしてイーシャンテン。

そこに多井が【3マン】【6マン】のリーチで応戦。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/