開局の猛攻で、本田朋広 堂々勝ち上がり!! 苦境からの大三元で園田賢が這い上がる!!【Mトーナメント2023 予選2ndステージ F卓】

開局の猛攻で、本田朋広

堂々勝ち上がり!!

苦境からの大三元で

園田賢が這い上がる!!

「Mトーナメント2023 予選2ndステージ F卓」、第1戦は本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。この2名が2ndステージを勝ち抜いた。

開局に4000オールを決めた本田が、猛攻の末に8万点の大きなトップをものにした。

本田はインタビューで、

「思い返してみると起家スタートだったんですけど、東発が一番配牌が苦しかったんじゃないかと思ってたんですけどそこが4000オールに繋がって、そしたらあとはずっと手が入ってましたね」

と語った。

【第1試合結果】
1着 本田朋広 8万00点/+100.0
2着 忍田幸夫 2万500点/+0.5
3着 丸山奏子 8000点/▲32.0
4着 園田賢 ▲8500点/▲68.5

1戦目に大きなビハインドを背負った園田が、第2試合東3局に大三元を本田から討ち取って大トップ。逆転勝ち上がりをもぎ取った。

園田はインタビューで、

「ねえ〜、逆転しましたねぇ〜。みなさんは1戦目を見て、こりゃ園田だいたいだめだろなと思ってたと思うんですよ。ただ僕の中ではなんとかなるかもって思っていて。(1戦目)僕東発でとんだじゃないですか。そのとき負のオーラをまとった黒い点棒を全員に振りまいてやったので、これは2戦目ひょっとしたらひょっとするぞと思ってました」

と語った。

【第2試合結果】
1着 園田賢 5万8800点/+78.8
2着 丸山奏子 3万5500点/+15.5
3着 忍田幸夫 3万2200点/▲7.8
4着 本田朋広 ▲2万6500点/▲86.5

【Total】
1着 本田朋広 +13.5
2着 園田賢 +10.3
3着 忍田幸夫 ▲7.3
4着 丸山奏子 ▲16.5

Mトーナメント2023 予選2ndステージ E卓F卓

7月10日(月) 15:00 〜 7月11日(火) 00:00

詳細情報
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」開催!団体推薦者20名の麻雀界のトッププロ雀士計52名による個人トーナメント戦
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」は、現Mリーガー32名と、元Mリーガーの和久津晶、第39期鳳凰位のHIRO柴田、第47期最高位の竹内元太、第21期雀王の浅井堂岐ら、団体推薦者20名の麻雀界のトッププロ雀士計52名による個人トーナメント戦になります。「Mリーグ2022-23」の優勝チーム4名は、ベスト16からシードスタートで参戦いたします。本企画の対局ルールは、「Mリーグルール」を採用し、2半荘で、2位勝ち抜けの個人トーナメント戦で行います。

キャスト

【E卓】
HIRO柴田vs松ヶ瀬隆弥vs滝沢和典vs岡田紗佳
実況:日吉辰哉
解説:多井隆晴土田浩翔
レポーター:松本圭世
【F卓】
園田賢vs忍田幸夫vs丸山奏子vs本田朋広
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

Mトーナメント2023 予選2ndステージ E卓F卓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/