麻雀最強戦2019「サバイバルマッチ」観戦記【A卓】“チャンスの神の前髪”を掴め!ZERO、井出康平それぞれの勝ち上がり方

道中、四暗刻テンパイとなるを引いてしまうが・・・

きっちりをツモ。6000は6300オールで、2着以下を大きく突き放した。

リーチ、リーチで主導権を握ったZEROだったが、緻密な思考や打ち回しが光ったのが東3局4本場。この局はドラのが各自に散らばる形で、やや膠着した状態が続く。

そんな中で、ZEROがでチー。親である自分が動くことで他者の動きを探る、本人いわく「ソナーのような」仕掛けだ。

チー、とペンチャンターツを払う進行からは、ZEROの手はホンイツ、あるいはドラのを複数持っていてもおかしくないように見える。それに対し、誰が向かって来るのかを見極めて対応していこうという狙いだ。

 

 

・・・みんなめっちゃ来るやん・・・。

となれば、ここでを切っての片アガリテンパイはとれない。ZEROは安全そうなを落としていく。

ところが直後にを引き、なんと出アガリ可能な一気通貫のテンパイに。

ここに飛び込んでしまったのが、テンパイ取りを見てを切った高橋。彼女にとっては、最悪のタイミングでの放銃となってしまった。のトイツ落としも、ZEROの点棒状況などを見ればむしろオリ気味に見えていても不思議ではなかっただろう。

ZEROがさらにテンパイ連荘をして迎えた東3局7本場。平賀がドラ3の先制リーチを打ち、直後にテンパイを入れたZEROがで追っかけリーチを打つも、宣言牌のが一発で捕まり、12000は14100の放銃となった。

※表ドラは

しかしこの放銃は、実はZEROにとってはさほど悪いことではなく、本人も

「平賀さんにだけは打っても良かった」

と振り返っている。箱下に沈んでいた平賀がここで大きく加点した場合、下の3人の点差が縮まることで2着争いが激化する。結果として相手の親を安くて早い手で落とすような展開も増えてくるだろう。安手で局が進むのは、ZERO自身の勝ち上がりのためには大歓迎。自分で加点をできれば良し、平賀に放銃しても、それによって下3人が競りになるならそれはそれで良し、ということだ。

その後は高橋が親番で2000オールツモ、井出の1300-2600(+1本場)のツモ、平賀の1300-2600ツモと、まさにZEROの思惑通り、局が進んでいった。

こうなると、次の加点は他3者にとって勝ち上がりを大きく手繰り寄せるものになる。

南2局は親の平賀がをポンして、8巡目でこのイーシャンテン。ラス目で迎えた最後の親番だけに、ここで連荘してある程度加点をしておきたいところだ。

しかし、これがなかなかテンパイしない。

15巡目、前に行く気のないZEROが平賀の中スジであるをツモ切り。

イーシャンテンの高橋は、これを鳴けばテンパイが取れたが動かず。

その高橋がツモ切ったを井出がチー、こちらはバックのテンパイを取った。

 

唯一テンパイを入れていた井出だったが、ハイテイで引いたで長考。

河を見るとマンズの上目は全く見えておらず、シャンポンなどでホウテイロンが考えられる牌だ。もちろん、止めてオリることは可能だが・・・

井出は意を決し、を打ち抜いた。

これで2着目の井出が一人テンパイ、高橋との点差を6500点差、平賀との点差を11400点差まで広げ、やや有利な状況に立った。

リードを築いた井出は次局、ピンフダマテンに構えて高橋から1000は1300を出アガリ。

オーラス、逆転に向かってとにかくアガリが必要な高橋は、

 

を立て続けに鳴き、アガリに真っすぐ向かう。

逆転2着にはハネ満ツモがほしい平賀も、ドラ受けのあるピンフ一気通貫、条件クリアが見えるイーシャンテンまで手を育てるが・・・

決死の仕掛けでテンパイを入れていた井出がシャンポンのをツモ、勝負を決めた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!