『タキヒサ』ならぬ『タキバシ』決戦! いにしえの役満を決めた滝沢和典と、勝利への執念を見せた石橋伸洋【Mリーグ2020観戦記10/26】担当記者:東川亮

『タキヒサ』ならぬ

『タキバシ』決戦! 

いにしえの役満を決めた

滝沢和典と、勝利への

執念を見せた石橋伸洋

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年10月26日

大和証券Mリーグにとって、10/26は役満に縁がある日らしい。

1シーズン目は佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)がMリーグ初役満となる国士無双を決め、2シーズン目は瀬戸熊直樹TEAM雷電)がMリーグ初の四暗刻ツモを見せた。

役満などそうそう出るものではないのだが、それでもファン心理としては期待したくなるものだ。

第1回戦は過去に役満をアガった経験のある3人が登場し、長年のライバル関係である滝沢和典佐々木寿人の「タキヒサ」対決を制した佐々木寿人がトップ。

続く第2回戦は、萩原聖人を除く3人が連闘となった。

萩原聖人も手役を追う打ち手であり、この試合も何かが起こりそうな予感がする組み合わせとなった。

第2回戦

東家:滝沢和典EX風林火山

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

北家:石橋伸洋U-NEXT Pirates 

東1局は萩原が700-1300をツモアガリ、東2局は寿人の一人テンパイで流局。

迎えた東3局1本場は石橋が手牌を内に寄せてタンヤオドラ赤のテンパイ。

手変わりを見てのヤミテンだと思われるが、すぐにツモれば問題なし。

2000-4000の1本場、まずはリードを奪った。

東4局、寿人の手には明らかに一九字牌が多い。

この局は真ん中の牌から切り出して守備力を担保しつつ、あわよくば役満・国士無双という狙いだろう。

もちろん成就する可能性はとても低いのだが、日が日であるだけにやはり気になる。

寿人は順調に端の牌を集める。

一方で滝沢も、タンピン形で赤赤ドラ、勝負したい形だ。

メンツ手と国士無双なら、よほどのことがない限りメンツ手に先制テンパイが入る。

滝沢はpastedGraphic_6.pngpastedGraphic_7.png待ちをヤミテン、高目pastedGraphic_7.pngツモでハネ満と、打点は十分だ。

萩原はpastedGraphic_6.pngが出そうな形だったが、万が一の国士無双に備えてストップ。

しかし寿人も途中で国士を見切り、完全に守備へとまわっている。

最後は滝沢が静かにpastedGraphic_7.pngをツモ、3000-6000という高打点のアガリを決めた。

南2局、滝沢の手には明らかにマンズが多い。

pastedGraphic_11.pngが暗刻でpastedGraphic_12.pngpastedGraphic_13.pngpastedGraphic_14.pngがトイツ、ここまでくれば一色手へと一直線だ。

 

縦の重なりが多く、チーだけでなくポンでも仕掛けていける格好。

萩原の打ったpastedGraphic_12.pngポンから動くと、寿人のpastedGraphic_13.pngをポン。

 

さらにそこで切ったpastedGraphic_19.pngを鳴いた萩原の打pastedGraphic_14.pngまでポンして、あっという間にpastedGraphic_20.png単騎、チンイツトイトイのハネ満テンパイとなった。

萩原からすれば滝沢にアガられる前に速度を合わせて不要なマンズを処理、そのままアガリ切ろうという狙いだったのだろうが、pastedGraphic_14.pngまでポンされたのは想定外だったかもしれない。

道中、滝沢はツモってきたpastedGraphic_22.pngを迷わずツモ切り。

pastedGraphic_22.png単騎やペンpastedGraphic_23.pngへの待ち変えもできたが、打点が落ちること、手出しを見せずにヒントを与えないこと、pastedGraphic_20.pngの出アガリが期待できそうなことなどが理由だろう。

こういう場面で少しでも迷ってしまうと相手に理由や形を推察されてしまうため、どうするかは前もってきちんと決めておく必要があるところだ。

親番を維持したい萩原はpastedGraphic_23.pngを押し、滝沢の打ったpastedGraphic_7.pngをスルーしつつも自力で引き入れ、テンパイまでたどり着く。

ただし、打牌候補のpastedGraphic_25.pngpastedGraphic_20.pngはどちらも超危険牌。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!