前原雄大、地獄の門番が大暴れ!! 驚異のアガリ率50%は、まさにパーフェクトゲーム!?

前原雄大、

地獄の門番が大暴れ!!

驚異のアガリ率50%は、

まさにパーフェクトゲーム!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕66日目、第1戦は前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。起家の前原がいきなりハネマン・マンガンのアガリを決めて大暴れ。全12局中6局を自らアガるという力技で第1試合を制した。

第1戦の対局者は、TEAM雷電瀬戸熊直樹赤坂ドリブンズ鈴木たろう渋谷ABEMAS日向藍子、そして前原の4名。

東1局、起家でドラのアンコの配牌をもらった前原はも引き込んで、7巡目先制リーチ。待ちは。3巡後、ピンフのヤミテンをいれていた西家・鈴木がをツモ切って放銃。ウラが1枚乗って18000点。いきなり前原の大物手が決まる。

1本場、前原が12巡目にリーチ。タンヤオ・234サンショク・ドラ1のカン待ち。これに追いかけたのが南家・瀬戸熊。じつはすでにヤミテンを入れていた瀬戸熊は、待ちでツモ切り追いかけリーチをかける。その結果、瀬戸熊は一発目にを持ってきてしまい、12000点の放銃。前原が東1局にして5万点オーバーという暴れっぷりを見せつける。

前原は、2本場にはなんと3巡目に高め345サンショク・赤1の待ちリーチをかけるが、これは瀬戸熊の決死のトイトイ三暗刻・赤1のツモアガリに阻止される。

息を吹き返した瀬戸熊は、親番で鈴木からピンフタンヤオ・ドラ1・赤1の12000点をアガると、東4局にはリーチ・ツモ・タンヤオ・赤1の2000・4000をツモると。前原との点差を9000点にまで詰める。

しかし前原は、南3局には・ドラ1の500・1000のツモアガリ。オーラスも自らピンフのみの1000点を鈴木からアガって決着。

前原が全12局中6局のアガリをものにして、3勝目を獲得した。

前原はインタビューで、

「(佐々木)寿人におんぶにだっこみたいな形できたんで、どこかで返していかないといけないと思ったし、応援してくださる方たちにも少し形がとれたんじゃないかって(思います)」

と語った。

【Result】
1着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 5万6100点/+76.1
2着 瀬戸熊直樹・雷電 3万8600点/+18.6
3着 日向藍子・ABEMAS 1万2400点/▲27.6
4着 鈴木たろう・ドリブンズ ▲7100点/▲67.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +570.0(65/90)
2位 EX風林火山 +171.3(66/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 94.0(65/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ 16.7(66/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲91.0(65/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲172.0(65/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲212.8(66/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲376.2(66/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月29日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!