伊達朱里紗、松ヶ瀬隆弥とのマッチレースを制し、前回の初黒星を払拭する、個人5勝目獲得!!

伊達朱里紗、松ヶ瀬隆弥との

マッチレースを制し、

前回の初黒星を払拭する、

個人5勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕43日目、第1戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)がトップを獲得。ドラが多く来る配牌を生かして、オーラスにハネマンツモで松ヶ瀬を差し切った伊達が個人5勝目。個人成績は300ポイントを超え、首位をひた走る。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山松ヶ瀬隆弥TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして伊達の4名。

東1局、北家・松ヶ瀬がリーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1の2000・4000でまずは先制。

東2局、南家・伊達がタンヤオ・ドラ2の手を【3マン】ポン、カン【5ピン】チーと仕掛けてドラの【4ソウ】【7マン】のシャンポン待ち。【7マン】が松ヶ瀬から出て3900点。

試合は以後、松ヶ瀬と伊達のマッチレースの様相を呈する。

南1局1本場、西家の伊達がドラ2・赤1のチャンス手。自風の【西】を鳴いてきっちりと2000・4000のツモアガリ。

南3局に松ヶ瀬にまくられ、オーラスを5400点差で迎えた伊達。11巡目にドラ雀頭のピンフをテンパイ、即リーチ。一発のおまけをつけてツモアガリ。3000・6000で松ヶ瀬をまくり逆転トップ。

伊達は個人5勝目、麻雀格闘倶楽部は15勝目を獲得した。

伊達はインタビューで、

「前回のラスはもしかしたら南場の親の手組一つで、ラスじゃなかったかもという後悔があったんで、今日の対局はどっちにふれるか不安だったんですけど、すごい手が入ってくれて結果に結びついてほっとしてます」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 4万7400点/+67.4
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 3万4800点/+14.8
3着 村上淳・ドリブンズ 1万5100点/▲24.9
4着 瀬戸熊直樹・雷電 2700点/▲57.3

【Total】
1位 EX風林火山 +408.9(43/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +314.2(43/90)
3位 U-NEXT Pirates +73.4(42/90)
4位 渋谷ABEMAS +47.1(42/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +42.2(42/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲35.2(42/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲266.9(43/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲583.7(43/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月16日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!