朝倉康心、おみくじを封印して5勝目獲得!! 個人3位に浮上し、MVPを虎視眈々と狙う!!

朝倉康心、おみくじを

封印して5勝目獲得!!

個人3位に浮上し、

MVPを虎視眈々と狙う!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕52日目、第1戦は朝倉康心U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。他家3人が噛み合わないツモに苦しむ中、朝倉のみが順調にアガリを重ねて個人5勝目、200ポイント超え。個人3位につけ、MVPをその視野に入れた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山勝又健志TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして朝倉の4名。

流局で迎えた東2局1本場、親の朝倉が3巡目にピンフ・赤1のリーチをかけて、【2マン】【5マン】【8マン】待ちの【2マン】をツモアガリ。2600オールで、朝倉が先制ゴールを決める。

2本場では、黒沢の早いリーチに放銃して5200点を失点した朝倉だったが、その後も手は落ちない。

東3局3本場では、自風の【北】を鳴いてドラ1・赤1の3900点を黒沢から討ち取る。供託リーチ本3本を回収し、朝倉のみが3万点台に乗せる。

東4局、またも朝倉に早いリーチが入る。5巡目にピンフタンヤオ・高めイーペーコー・赤2の【5マン】【8マン】待ち。その一発目、村上にも超勝負手のテンパイが入る。ピンフタンヤオイーペーコー・赤1の手をいい声でリーチ宣言。がしかし、宣言牌が【5マン】で朝倉に放銃。村上にとっては、12000点の痛恨の失点となった。

朝倉は南1局には、【中】アンコの赤2・【1マン】【4マン】待ちのダマテンを勝又から直撃して5200点を加点。ダントツ状態に。

オーラスは、黒沢がタンヤオのみのツモアガリ、500・1000をアガって2着を確定させて試合終了。

朝倉が個人5勝目を獲得、個人ポイント200を超えてMVPが臨める個人3位につけた。

朝倉はインタビューで、

「ウチの船長は緒戦でもどこでも一緒だよって言うと思いますが、僕個人としては新年一発目の対局で(トップを取れて)縁起がいいなと(笑)、うれしい気持ちです。僕は精神が弱いのでおみくじを買ったけど開けてないんですよ、これで凶だったら面白いですね」

と語った。

【Result】
1着 朝倉康心・パイレーツ 4万8300点/+68.3
2着 黒沢咲・雷電 2万5600点/+5.6
3着 勝又健志・風林火山 1万3600点/▲26.4
4着 村上淳・ドリブンズ 1万2500点/▲47.5

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +272.4(52/90)
2位 セガサミーフェニックス +208.7(52/90)
3位 EX風林火山 +200.6(51/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +85.2(52/90)
5位 U-NEXT Pirates +74.8(51/90)
6位 渋谷ABEMAS +6.5(52/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲286.8(51/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲581.4(51/90)

※おみくじは凶だった模様。

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月4日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!