Mリーグweeklyダイジェスト【2023 1/2-1/6】

Mリーグweeklyダイジェスト
2023年 1月2日〜1月6日

大和証券Mリーグ2022-23、2023年の試合は3が日中の1月2日から再開された。年始早々激しい試合が繰り広げられ、1月6日は公式PVイベントも開催。後半戦に入り、選手たちの戦いはさらに激しさを増していく。

■1月2日(月)
対戦カード:赤坂ドリブンズEX風林火山セガサミーフェニックスTEAM雷電

第1試合

 

瑠美と魚谷がうさぎ年にちなんだ髪型で臨んだ新年初戦。競り合いの状況から、瀬戸熊が南2局のハネ満ツモで大きく抜け出し勝利を手にしたかに見えたが、オーラスに瑠美がハネ満ツモ条件を満たすリーチツモドラドラ赤赤のアガリを決めて逆転、年をまたいだ個人3連勝を決めた。

1位 二階堂瑠美EX風林火山)+57.1
2位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)+15.4
3位 園田賢赤坂ドリブンズ)▲18.8
4位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)▲53.7

【観戦記】
瀬戸熊直樹の挑戦 去年届かなかった頂へ、TEAM雷電は雪辱を果たすことができるか(江嵜晋之介)

第2試合

 

東2局3本場、黒沢がドラドラの手牌から中を2枚ともスルーして門前で手を作り、リーチツモタンヤオドラドラ裏3というあまりに強烈な倍満を決める。「セレブ麻雀」の真骨頂とも言える高打点のアガリから試合の主導権を握り、勝利を収めた。一時は箱下寸前まで沈んだ松ヶ瀬は南場に巻き返して2位で試合を終えている。

1位 黒沢咲TEAM雷電)+66.5
2位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)+7.1
3位 村上淳赤坂ドリブンズ)▲24.2
4位 東城りおセガサミーフェニックス)▲49.4

【観戦記】
麻雀界の「福男」村上淳に 華を添え……てなるものか! 仁義なき新春麻雀代理戦争(徳岡明信)

 

■1月3日(火)
対戦カード:KADOKAWAサクラナイツKONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMASU-NEXT Pirates

第1試合

 

今シーズン初となる女性4名による対戦。オーラスは全員に順位アップの可能性がある中で、全員がリャンメン待ちテンパイとなる緊迫した状況となる。最後は2位の伊達がトップ目の日向から直撃を取って逆転、2023年の初戦を制した。

1位 伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)+57.5
2位 日向藍子渋谷ABEMAS)+10.5
3位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)▲22.9
4位 岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)▲45.1

【観戦記】
新春バッチバチの女性卓 伊達朱里紗が全員テンパイのオーラスを制す!(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

 

高宮が東1局のハネ満でリードを築くと、その後も強気の攻めでアガリを取って快勝。個人ランキング2位になると共に、首位の渋谷ABEMASとトップラスを決めたことで、チームを首位に押し上げた。オーラスは小林と渋川による2位争いの展開となり、渋川がアガって2位を確保している。

1位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)+64.5
2位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+6.8
3位 小林剛U-NEXT Pirates)▲18.4
4位 白鳥翔渋谷ABEMAS)▲52.9

【観戦記】
慌てず気負わずペン七萬(越野智紀)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊