2024年、反撃開始 復活の打点女王・茅森早香【Mリーグ2023-24観戦記 1/5】担当記者 #東川亮

2024年、反撃開始
復活の打点女王・茅森早香

文・東川亮【金曜担当ライター】2024年1月5日

大和証券Mリーグ、2024年は1月4日からスタート。まだ正月休みが続いている方もいると思われるが、Mリーグに関しては年始からすでに熱い戦いが繰り広げられている。

この日は現状でレギュラーシーズン敗退ポジションに位置するTEAM雷電セガサミーフェニックス、そして12月に苦戦したEX風林火山が新年初戦を迎えた。赤坂ドリブンズを含め、どのチームも幸先のよいスタートを切りたいのは変わらない。

第1試合

東家:茅森早香セガサミーフェニックス)

南家:松ヶ瀬隆弥EX風林火山)

西家:園田賢赤坂ドリブンズ)

北家:萩原聖人TEAM雷電)

序盤を引っ張ったのは、ドリブンズ・園田。チームは首位と差のない2位、個人成績は200ポイント越えの3位と、今回試合をする4者のなかでは抜けて状況が良い。

東1局は首尾良く先制リーチをかけ、萩原の高目タンヤオリャンペーコーという弩級の追っかけリーチを受けるもすぐにツモって、1300-2600の加点に成功。

東3局1本場には、ドラ1のカン【2ソウ】待ちテンパイをノータイムで外す。ソーズの形がよく、さらなる変化も見えることから、リーチで手牌にふたをせず、変化の可能性を残した。

手に置いた【7ピン】【6ピン】がくっついてリーチ。リャンメン待ちでタンヤオもついて打点十分、1巡前とは見違えるテンパイだ。

このリーチに立ち向かえる者は現れず、時間はかかったが流局間際でツモアガって4000は4100オール。ツモられた側からすると、げんなりしてしまうアガリである。

なお、Mリーグで裏3が一度も乗っていないことが話題になる園田だが、今回もやっぱり乗らなかった。

とはいえ、持ち点は46500まで伸ばしている。2023年の勢いのままにトップを取り切るかに思えた

東4局

3巡目にしてチートイツの1シャンテンになった茅森は、【3マン】を切ってメンツ手を見切った。この手をメンツ手で仕上げようとしても、時間がかかるだけでなく打点上昇の要素も少ない。だったら、ドラを1枚引くだけで形を保ったまま手牌の価値が急激に高まるチートイツに向かったほうがいい、ということだろう。

狙いのドラ【7ピン】を引き入れる。これでアガったときのリターンは飛躍的に大きくなり、

局の中盤、10巡目にドラ待ちテンパイ。リーチと打って出た。

茅森と言えば、Mリーグ初年度のみの表彰となった「平均打点」のタイトル獲得者であり、一時は「一日一跳」と言われるほど高打点をアガる、打点力に定評のある打ち手だ。

ただ、今シーズンは入場時に表示されたように、平均打点が36選手中36位。高打点のテンパイは入るものの、それがほとんど実らないという展開が、2023年には幾度となくあった。

だからといってやることは変わらない。茅森は常に冷静に打つことをテーマとしている打ち手だ。やることをやり、リーチをかけた後にアガれるかどうかはツモ山や相手の判断次第。ただ、応援している側としては「今度こそ」の思いが募る。

だが、やはり一筋縄ではいかない。親の萩原がカン【7ピン】、同じ牌の待ちで追っかけリーチをかけた。お互いのアガリ牌【7ピン】は、山にたった1枚。こういう手が幾度となくアガれなかったのが、今シーズンの茅森だった。

しかし、今回は違った。

茅森の、猫のように返った右手のなかに【7ピン】がきらめく。

裏ドラこそ乗らなかったものの、ハネ満ツモ・3000-6000の高打点は劣勢を一気に跳ね返す一撃。

大きなアガリで気分良く迎えた南1局の親番、ここも茅森の手がいい。

3巡目にしてイーペーコーが完成しての1シャンテン。ドラの【1マン】が重なろうものなら、6000オールクラスのさらなる高打点も見える。このときの茅森は、ドラ単騎リーチも構想にあったという。

だが、1シャンテンのまま局が中盤に差し掛かり、【1マン】が2枚切られたところで、茅森は引いてきた【3ピン】を残して【1マン】をリリース。茅森の目からはこの3pも狙い頃に見えていた。

既に【1ピン】が4枚見えで、自身も序盤に【4ピン】を切っており、ピンズの数が小さいほうの受けが残っているようには見えにくい。この【3ピン】も、単騎待ちリーチの候補として優秀だ。

もちろん、先に重なればなお良し。残した【3ピン】がうまく雀頭になり、ピンフイーペーコーのリーチに。茅森の意図に、牌も応えていく。

ロン牌の【3マン】がテンパイの園田から打たれると、裏ドラが2枚。2局連続での12000加点、しかも2度目はトップ目からの直撃という最高の形で、茅森が一気にトップ目へと浮上した。

この攻撃力こそ、茅森の魅力。

打点女王の本領発揮である。

南2局は園田が赤2枚を内蔵したリーチをかけるも、テンパイを入れていた茅森が園田にツモらせることなく【中】を引き入れて700-1300のツモアガリ。アガリのタイミングも最高。

昨年はやられたが、今年は違う。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/