自分は鳴かないが他家は鳴かせる!萩原聖人のトップが呼んだ、瀬戸熊直樹の余裕のある麻雀【Mリーグ2020観戦記2/15】担当記者:危険な鬼太郎

自分は鳴かないが

他家は鳴かせる!

萩原聖人のトップが呼んだ、

瀬戸熊直樹の余裕のある麻雀

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年2月15日

1回戦はKONAMI麻雀格闘倶楽部がラスを引き暫定ではあるものの7位に落ち、長い間7位にいたフェニックスがセミファイナルに進出できる6位まで順位を上げた。

まだまだ勝負はどう転ぶか分からないが、2回戦で戦う4者はプロ団体の最高峰のタイトルを手にしている四人。

瀬戸熊直樹藤崎智勝又健志は日本プロ麻雀連盟の最高峰のタイトルである鳳凰位。

鈴木たろうは日本プロ麻雀協会の最高峰のタイトルである雀王を4回も獲得している。

一度は団体の頂点に立った最強の4人の対局が激戦にならないはずがなかった。

【2月15日 2回戦】

東家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

南家 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

西家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

北家 勝又健志EX風林火山

東1局 親・瀬戸熊 ドラ

瀬戸熊がを鳴いてすぐにツモアガリ。

普段鳴かない瀬戸熊が鳴くという事は手牌にドラがたくさんあるか、聴牌だという事。

瀬戸熊がをツモってタンヤオドラドラ赤の4000オール。1回戦の萩原同様調子が良い。

東1局1本場 親・瀬戸熊 ドラ

今度は藤崎の手に注目する。

ドラがなので普通は打でめいいっぱい受けるのが無難だと思うが藤崎はこの手牌で小考。

そしてこのをツモ切り。

この手牌。めいいっぱい手を広げるにしたってあまりにも手が安すぎる。仮にを切って次順を暗刻に出来ても所詮はリーチのみの1300の手になる。

こうしてを切って置けばマンズ、ピンズ、ソウズ。全ての赤牌に対応できる。ピンフと赤引きを見た藤崎らしい柔軟な手組だ。

次順、を引く藤崎。

を捕えていればを雀頭にしてのリーチのみの1300点リーチが打てたが藤崎はそんな事は気にしない。

ここは打としてのソウズの三面張とドラ受けのピンズに狙いを定めた手組にする。

をも藤崎は引き入れて打点は十分。

そして藤崎はを引き入れて聴牌を入れる。

普通の打ち手ならばを捕えて1300点の待ちの速いリーチを打っているだろうが、藤崎は遅い巡目でのリーチタンヤオ赤の最低5200点の待ちでリーチを打った。

藤崎らしい重厚な攻めを展開するが、すでにダマテンを入れていた勝又が

タンヤオ一盃口のカン待ちの聴牌を入れていたが、を引き入れてを切ってリーチ宣言。

かなり珍しい待ちのWリャンメンの聴牌だ。

藤崎がの暗刻を捕えて待ちでのリャンメンリーチを打っていれば、勝又は河にあるやドラのが打ち切れずに聴牌が取れていないと思うので、早くて安いリーチが一概にも悪いというわけでもない。

藤崎と勝又の待ちはどちらも大量に山に残っていたが…

 

藤崎がを掴んで勝又にリーチタンヤオの2600の放銃。

掴んだ藤崎も不運ではあるが勝又にしたってせっかくリーチをしたのに相変わらず裏ドラが全然乗らない。

東4局 親・勝又 ドラ

瀬戸熊がカンをチー!

瀬戸熊が鳴いた時は高いかチーテン。当然手はタンヤオドラの待ちの聴牌。

これに焦れる藤崎。

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!