「ベストバランス麻雀」完全復活へ…松本吉弘の価値ある連投【熱論!Mリーグ】担当記者:渡邉浩史郎

見事大きなトップを取った。

これで個人2連勝、チームとしてもプラス圏内で4位に上がった。

さて今日のABEMASはこのままでは止まらない。終わらせない。

復活を遂げたヒットマンの連投だ。

”標的”雷電の背中は目前、さらにトップを取ればサクラナイツをも躱してチーム2位にまでのぼりつめることができる。

2戦目

東家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

南家 二階堂亜樹EX風林火山

西家 松本吉弘渋谷ABEMAS

北家 萩原聖人TEAM雷電

【東1局】

2戦目、開幕の狼煙は松本のこのアガリ。1戦目の勢いそのままに、満貫ツモ。

一見誰でもアガれそうな手順であるが、実はそうでもない。

6巡目、松本はこの手から切り。ソーズの形に不満が残るため、ドラドラの勝負手ということも踏まえて、一旦打として目一杯に構える事も考えられたが、という形での機能が低い事と、安全牌を抱えるメリットを考慮した選択だろう。

仮にここで打とすると次巡ツモで打となり、結果暗刻を逃す事になっていた……というのは結果論が過ぎるが、松本の「ベストバランス」な選択が恵まれた故の満貫ツモと言えるだろう。

【東2局】

この局もまず主導権を握ったのは松本。

をポンしてソーズのホンイツに一直線。他家にプレッシャーをかけていく。

しかしそんな松本に親番、亜樹の魔の手が忍び寄る。

10巡目、亜樹。平和・赤赤・ドラ。待ち。12000のテンパイをダマテンに構えた。

この選択が今半荘の結果を大きく左右したかもしれない。

亜樹がを切ってテンパイした同巡、これに敏感に反応したのが萩原だ。

この形から切り。亜樹のテンパイ気配を察知し、を合わせ打つ。自身の手の価値が低い事もあって受けを厚く構えた。ナイスディフェンスだ。

同巡のたろうは切り。三色イーシャンテンのこの手であれば、亜樹の気配を感じつつもまだ押していいという判断だろう。

そして次巡、亜樹がツモ切りリーチを慣行!

萩原の受け気配から出アガリが多少望みにくくなった、そしてたろうから放たれたことでが自身の目から3枚見えとなりが山に良いという判断だろう。出アガリ率は下がるが現状トップ目の松本と攻めっ気のあるたろうを降ろして、跳満をツモりに行く選択だ。

その次巡、松本もこの形になる。ホンイツトイトイ待ち。満貫だ。

松本のこの手、満貫テンパイとはいえシャンポン待ち。しかも現状トップ目だ。亜樹が切りリーチで他色の待ちのケースが濃い事、そして1巡ダマテンをしていた事を考慮すると、特にマンズの危険牌を引いた場合に親リーチに勝負するのは苦しい状況と言えるだろう。

そんな矢先に掴んだのは無筋の。亜樹の河から判断するに非常に危険な牌だ。1対子落としで回らざるを得ないか……

!?

なんと松本これを勝負!そして次巡に掴んだのは……これは流石に降り……

!?!?

これも勝負!!ここに来て松本強気の選択を連打したかと思われたが、実はこれも「ベストバランス」

亜樹がを切ってテンパイした巡目の他家の切りを思い出すと、そう。

たろうの切ったが通っているのだ!!

であればも筋の牌、通せると見ての勝負。ナイスプッシュだ。

そしてこのプッシュが実る。

ツモで満貫のアガリ!大きな大きな加点に成功し、親番を迎える。

【東3局】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!