丸山奏子、開局の6000オールで3勝目!! 他家を寄せ付けぬ大トップをゲット!!

丸山奏子、開局の

6000オールで3勝目!!

他家を寄せ付けぬ

大トップをゲット!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕42日目、第2戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。東場の親番で高め6000オールをツモった丸山が、順調に点棒を積み上げて独走のトップとなった。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典セガサミーフェニックス近藤誠一TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲、そして丸山の4名。

全員ノーテンで迎えた東2局1本場、親の丸山がテンパイから幾度も待ちを変えて14巡目に【赤5ソウ】を切ってリーチ。ピンフ・ドラ1の【3マン】【6マン】【9マン】待ちの【9マン】イッツーという大物手(ドラ【3マン】)。最後のツモ番で【9マン】をツモって6000オール!

東3局、丸山が10巡目にテンパイ。タンヤオイーペーコー・赤3のカン【7ソウ】待ち。2巡後、滝沢がこのヤミテンに捕まって8000点を献上。

南2局、北家・黒沢の10巡目リーチの一発目。親の丸山は生牌でドラの【西】をツモ切る。さらに2巡後、丸山は黒沢のアタリ牌・【3ソウ】【6ソウ】【6ソウ】を重ねて追いかけリーチを敢行。後筋を追った滝沢が【2マン】を切ると、丸山のカン【2マン】に命中。ドラの【西】がアンコ・ウラが1枚の12000。滝沢が火だるまに。

南2局2本場、滝沢がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・純チャン・サンショクの4000・8000でハコ上に浮上するが、オーラスの親番は黒沢が喰いタンヤオの300・500をツモって試合終了。

丸山が、第1試合の鈴木のラスを補って余りある大きなトップを獲得。丸山は今季3勝目、ドリブンズのポイントゲッターとなった。

丸山はインタビューで、

「局数が多くて終わって今ぐったりしてますけど、心地いい疲れでうれしいです。今年は毎試合、楽しく対局に集中して、目の前のことを一生懸命やるというのが出来てるんじゃないかなって思うんで、今日はいい結果になってよかったなぁという感じです」

と語った。

【Result】
1着 丸山奏子・ドリブンズ 6万500点/+80.5
2着 黒沢咲・雷電 2万100点/+0.1
3着 近藤誠一・フェニックス 1万7100点/▲22.9
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 2300点/▲57.7

【Total】
1位 EX風林火山 +394.1(42/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +246.8(42/90)
3位 U-NEXT Pirates +73.4(42/90)
4位 渋谷ABEMAS +47.1(42/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +42.2(42/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲35.2(42/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲242.0(42/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲526.4(42/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月14日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:藤崎智
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!