Mリーグweeklyダイジェスト【2023 1/16-1/20】

Mリーグweeklyダイジェスト
2023年 1月16日〜1月20日

10月に開幕した大和証券Mリーグ2022-23レギュラーシーズンは、早くも全日程の3分の2を消化しようとしている。残り試合が少なくなってくる中で、まず焦点となるのはセミファイナル進出ボーダーの6位を巡る争いだ。下位のチームは一日も早く上位に食らいつきたいし、ボーダー上のチームは早く下を突き放しつつ、ボーダー脱出を狙っていきたい。

■1月16日(月)

対戦カード:KONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMASTEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 

日向が東1局にリーチツモドラ赤赤、そして裏3の倍満ツモを決める。その後は優が日向を追いかける展開になるも一歩及ばず、日向が2023年の渋谷ABEMAS初勝利を決めた。個人4連勝がかかっていた高宮は、箱下の4位に沈んでいる。

1位 日向藍子渋谷ABEMAS)+68.2
2位 鈴木優U-NEXT Pirates)+26.6
3位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)▲26.9
4位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)▲67.9

【観戦記】

狂戦士は、進化を続ける 高宮まりが問いかけた、第一打「東」の意図(江嵜晋之介)

第2試合

 

伊達が南場の親番で満貫・ハネ満のアガリを連発して、8万点近くまで持ち点を伸ばす。その後は少し持ち点を減らすも、一人浮きの大勝を決めた。2位争いは最後まで接戦となったが、松本がオーラスのアガリで2位に浮上して試合を終えている。

1位 伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)+84.3
2位 松本吉弘渋谷ABEMAS)▲2.8
3位 黒沢咲TEAM雷電)▲26.2
4位 仲林圭U-NEXT Pirates)▲55.3

【観戦記】

ブレーキ崩壊ノンストップ! 伊達朱里紗が無慈悲に抜き去る南1局の大連荘!(徳岡明信)

 

■1月17日(火)

対戦カード:赤坂ドリブンズEX風林火山KADOKAWAサクラナイツセガサミーフェニックス

第1試合

 

内川が南3局の親番で2巡目リーチからのチートイツドラドラ裏裏のハネ満をたろうから直撃し、大量リードを築いてトップを獲得。チーム状況的にもトップが欲しかったたろうにとっては、痛恨の一戦となった。

1位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)+78.5
2位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)+3.9
3位 鈴木たろう赤坂ドリブンズ)▲29.8
4位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)▲52.6

【観戦記】

諦めたらそこで半荘終了ですよ ドリブンズ鈴木たろう 痛恨の放銃とその後(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

 

東城が東場の親番でハネ満ツモを連発して一気に突き抜けると、最後も自力で決めて勝利。セガサミーフェニックスに2023年初勝利を持ち帰った。渋川は南場の親番で盛り返したが、トップ獲得までは一歩及ばなかった。

1位 東城りおセガサミーフェニックス)+67.2
2位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+11.8
3位 勝又健志EX風林火山)▲21.8
4位 園田賢赤坂ドリブンズ)▲57.2

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!