戦闘民族・鈴木優 超攻撃的選択と、勝敗を分けた最後の一打【Mリーグ2022-23観戦記10/21】担当記者:東川亮

戦闘民族・鈴木優
超攻撃的選択と、
勝敗を分けた最後の一打

文・東川亮【曜担当ライター】2022年10月21日

英雄は、東海から来た。
最高位戦日本プロ麻雀協会史上ただ一人、地方から最高位を獲った男。
鈴木優

力を見込まれ海賊団に迎えいれられた「戦闘民族」が、攻撃自慢の猛者がそろった一戦で、その真価を示す。

第2試合
東家:黒沢咲(TEAM雷電) 
南家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ
西家:鈴木優U-NEXT Pirates
北家:高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

戦闘民族は声高らかに

「リーチ!」

その声は、過去の試合と比べてもひときわ大きく聞こえた。東1局に入った、ピンフ赤ドラのチャンス手。よどみないリーチ発声とモーションに、この試合に懸ける思いがにじむ。

「ツモ!」
気持ちのこもった声と反比例するかのように、そっとアガリ牌の【9マン】を手元に置く。

リーチツモピンフドラ赤裏、3000-6000は、初トップの後押しとなる先制の一撃。

優は開幕戦デビューから3試合に出場していまだ勝利がなく、もちろん、この試合に勝ちたかった。しかしそれは、自分のためだけではない。快く送り出してくれるチームのため、応援してくれるファンのため、そして自分の活躍を信じてやまない、東海地方の家族や仲間のため。彼はいつだって、誰かの思いを背負っている。

自分らしく闘って、勝つ。自身の存在証明に、他の方法はない。

セレブ黒沢、悔恨の一打

東2局
黒沢に大物手が入った。ドラと赤が合計4枚ある1シャンテン、黒沢は不要になったペン【3マン】ターツを、親のたろうが切ったばかりの【2マン】から処理した。微差の安全度を考えての選択だったと思われる。何気ないターツの切り順に見えたが、これが思いも寄らぬドラマを生む。

次巡、【2マン】がかぶった。【1マン】から切っておけば、ここで雀頭ができてのタンヤオドラ3、赤、高目イーペーコーダマテンでもハネ満という手だった。黒沢のため息が聞こえた気がした。

カン【2マン】を仕掛けて一気通貫のテンパイを入れていた優が、【8ソウ】をツモ切る。黒沢ならもしかしたらリーチをしていたかもしれないし、テンパイなら【赤5マン】をツモ切っていたので警戒されたかもしれないが、一つ目に見えて捉え損ねた牌となった。

この局は高宮がたろうから8000をアガって決着したが、たろうと同じか、それ以上に黒沢にとっては痛恨の一局になったと思われる。

東3局1本場では、切り遅れてリーチ宣言牌となった【5ソウ】で優に放銃。

優は前局に続く5800の加点でリードを伸ばし、黒沢は事実上、この試合のトップ戦線から脱落した。

小技も冴える鈴木優

東3局2本場、優は仕掛けを2つ入れるも、そこに被せてきたたろうのリーチに対してオリに回っていた。最終手番、現物【7ピン】を切ればテンパイできる可能性があったが、暗刻の【南】を1枚外す。生牌であり、単騎には当たる可能性のある牌だが、これは通過。

直後、高宮がツモ切った【南】を・・・

ポン。
この鳴きで、たろうに回るはずのハイテイを消した。生牌の字牌暗刻を切れば、今まで他者が切れずに抱えていた牌を切れるようになり、合わせられた牌を鳴いてツモ番を変える、という技。チーでハイテイをずらす、カンでハイテイを消すというのはよくある技術だが、その応用編である。鈴木優、今宵は小技も冴えている。

なお、優はフーロの際、牌を横に寄せる前に手を上げて牌を見せ、打牌を行っている。同じチームの小林剛が実践している所作だが、これは見る側にとってはありがたい。
(キャプチャを撮る観戦記ライターとしてはもっとありがたい)

牙をむく戦闘民族

南1局、先制は高宮。一手変わりツモり四暗刻だが、局も中盤で欲しい牌はど真ん中ということで、ここは変化よりも現状のテンパイを重視してリーチをかけた。【3マン】ツモなら満貫スタートと、打点も期待できる。

そこへ、優も追いつく。【6ソウ】を切ればドラドライーペーコーダマテンでも出アガリ5200とそこそこの手。ただ、ドラまたぎで当たれば安くない失点を喫する可能性もある。もちろん、中スジの【6ピン】や2枚ある【東】など、比較的安全そうな牌を切る選択もあった。だが、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!