Mリーグweeklyダイジェスト【2023 3/13-3/17】

Mリーグweeklyダイジェスト
2023年 3月13日〜 3月17日

大和証券Mリーグ2022-23、レギュラーシーズンはいよいよ大詰め。特に下位2チームにとってはセミファイナル進出を懸けて、1戦たりとも落とせない苦境に立たされていた。追い詰められた中で繰り広げられる戦い、そしてその結末とは。

■3月13日(月)

対戦カード:赤坂ドリブンズKADOKAWAサクラナイツセガサミーフェニックスTEAM雷電

第1試合

 

南3局、トップを争っていた萩原と渋川の手がぶつかり、萩原が渋川から満貫を直撃して逆転し、雷電に貴重な一勝をもたらした。いずれも絶対にトップが欲しかった村上、近藤だったが、逆連対でポイントを減らしてしまっている。

1位 萩原聖人TEAM雷電)+58.5
2位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+10.1
3位 村上淳赤坂ドリブンズ)▲18.0
4位 近藤誠一セガサミーフェニックス)▲50.6

【観戦記】

「優勢と勝利は似て非なるもの…!」 萩原聖人の覚悟が、チームを新たなステージへ導く(江崎しんのすけ)

第2試合

 

ここ数戦、南場での逆転劇を見せていた内川が、この試合でも南場に爆発。最後の親番で加点すると、南2局にはトップ目の東城からハネ満を直撃して逆転し、個人3連勝を飾った。

1位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)+75.9
2位 東城りおセガサミーフェニックス)+10.8
3位 本田朋広TEAM雷電)▲28.9
4位 園田賢赤坂ドリブンズ)▲57.8

【観戦記】
運命の「night」に降臨した桜の「knight 内川幸太郎が振り下ろした無慈悲な剣(徳岡明信)

■3月14日(火)

対戦カード:EX風林火山KONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMASU-NEXT Pirates

第1試合

 


序盤は仲林のペースで進んだ試合だったが、南場で盛り返した寿人がオーラスで満貫をアガって、逆転でトップを獲得した。道中の攻めと守りの的確な押し引きが秀逸な一戦だった。

1位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+57.4
2位 仲林圭U-NEXT Pirates)+13.3
3位 勝又健志EX風林火山)▲20.7
4位 松本吉弘渋谷ABEMAS)▲50.0

【観戦記】

史上最速の組み合わせ! 追憶の寿人が魅せたノータイムオリとは(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

 

守備的な日向が攻撃的な愚形リーチを何度も見せた一戦、最後はトップ目の高宮から18000を直撃して一気に逆転、トップを獲得した。高宮は1着から4着まで落ちる痛恨の放銃で、MVP争いから大きく後退することとなった。

1位 日向藍子渋谷ABEMAS)+62.2
2位 鈴木優U-NEXT Pirates)+5.7
3位 二階堂瑠美EX風林火山)▲23.5
4位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)▲44.4

【観戦記】
オフェンスNo.1の看板は今日限り降ろしてもらう。おれじゃない、ウチの日向がやる(越野智紀)

 

■3月16日(木)

対戦カード: EX風林火山セガサミーフェニックスTEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 


MVPを争う瑞原と松ヶ瀬の直接対決は瑞原に軍配。道中の効果的な加点でトップ目に立つと、最後は松ヶ瀬が裏1で逆転のリーチをアガるも裏は乗らず、瑞原が逃げ切ってトップを獲得、個人首位の伊達に迫った。

1位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)+53.4
2位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)+11.0
3位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)▲21.0
4位 東城りおセガサミーフェニックス)▲43.4

【観戦記】
伊達ちゃんを引っ張り出せ! 連続MVPを狙う瑞原明奈、ポニーテールでの追走劇(ゆうせー)

第2試合

 

南2局、黒沢が門前進行にこだわった手順で3メンチャンリーチを一発でツモ、ハネ満に仕上げて大量加点に成功し、快勝。個人ランキング首位浮上を狙ってMリーグ初の連闘に臨んだ瑞原は2着。セガサミーフェニックスは連続4着と、あまりに厳しい結果となった。

1位 黒沢咲TEAM雷電)+61.8
2位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)+8.2
3位 二階堂瑠美EX風林火山)▲17.8
4位 茅森早香セガサミーフェニックス)▲52.2

【観戦記】
チームのために、ファンのために 茅森早香、悲痛なる戦いで示した不死鳥の誇り(東川亮)

 

■3月17日(金)

対戦カード:赤坂ドリブンズKADOKAWAサクラナイツKONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMAS

第1試合

 

丸山が東場で効果的に加点をしていくと、南場で差を詰められたものの、最後まで逃げ切って快勝。4連勝がセミファイナル進出の最低条件となるドリブンズに、貴重な1勝をもたらした。伊達は3着でポイントを減らすも、かろうじて個人首位をキープしている。

1位 丸山奏子赤坂ドリブンズ)+54.1
2位 多井隆晴渋谷ABEMAS)+6.7
3位 伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲17.7
4位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)▲43.1

【観戦記】
今、自分にできることを 丸山奏子、決意の闘牌(東川亮)

第2試合

 

自身初のバースデー出場となった多井が、初戦に引き続き出場。アガリ4回放銃ゼロの完璧なスタッツで快勝し、誕生日に花を添えた。逆転でのセミファイナル進出を目指してチーム連勝を狙ったドリブンズ・園田はあらゆる手を尽くすも3着に終わってしまった。

1位 多井隆晴渋谷ABEMAS)+62.1
2位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)+19.0
3位 園田賢赤坂ドリブンズ)▲27.7
4位 滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲53.4

【観戦記】
それでも彼はテンパイを外した だってあいつは、園田賢 最後まで――できることは全部やる(後藤哲冶)

 

■ピックアップMリーグ

河野直也が選ぶ『Mリーガー究極の決断』〜4者の思惑が交差する伝説の1局!勝利の女神が微笑むのは!?

3月7日の第2試合、4者の思惑が複雑にからみあった一局が、丁寧に振り返られている。


■3/13-3/17の結果

週の勝ち頭は渋谷ABEMAS。下位に沈む2チームはポイント差を詰められないまま最終節を迎えることとなり、セミファイナル進出争いの大勢は決したと言っていいだろう。一方で、3位から6位までの争いは非常に混戦となっている。


■3/20-3/21の注目ポイント

セガサミーフェニックス赤坂ドリブンズはセミファイナル進出が絶望的となってしまったが、1年間応援してくれたファンに向け、有終の美をかざることができるか。また、1位・2位争い、3位〜6位の争いは熾烈を極めている。特に、4位以内に入ればセミファイナルの最終日で打てることになるため、中位の争いは最後まで目が離せない。

また、MVP争いに関しては伊達朱里紗瑞原明奈がほぼ並びで、その下も6位・園田賢あたりまでは現実的に狙える位置となっている。最終節には昨シーズンにあったような直接対決も見られそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/