MリーグWEEKLYダイジェスト【2022 10/3-7】

MリーグWEEKLYダイジェスト
2022年10月3日〜10月7日

先週1週間のMリーグの戦いを振り返る「週間Mリーグ」。Mリーグ2022-23シーズン開幕週では、いきなりの役満炸裂を含め、見応えのある戦いが数多く繰り広げられた。

■10月3日
対戦カード:KONAMI麻雀格闘倶楽部セガサミーフェニックスTEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

開幕戦は魚谷侑未(フェニックス)が優位に試合を進める中、佐々木寿人麻雀格闘倶楽部)が萩原聖人(雷電)のツモり四暗刻リーチを粉砕するガラクタリーチを炸裂させて逆転する。しかしアガリトップのオーラスで親の優に放銃してしまい、開幕戦は魚谷が勝利を収めた。注目された優のデビュー戦は、箱下の4位という厳しい結果となった。

1位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)+60.4
2位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+18.2
3位 萩原聖人TEAM雷電)▲17.1
4位 鈴木優U-NEXT Pirates)▲61.5

【観戦記】
熱狂の幕が上がる 新Mリーガー鈴木優 苦難を乗り越え初勝利を掴むことはできるか?(江嵜晋之介)

第2試合

第2試合は昨シーズンのMVP、瑞原明奈(パイレーツ)が開幕6000オールを決める。そのままトップで勝ちきるかと思いきや、南2局に伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部)が四暗刻ツモ! 昨シーズンは1度しか出なかった役満を開幕初日に決めるという離れ業に、この日行われたPV会場も大いに盛り上がった。

1位 伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)+78.8
2位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)+14.9
3位 近藤誠一セガサミーフェニックス)▲35.8
4位 本田朋広TEAM雷電)▲57.9

【観戦記】
伊達朱里紗のインパクトは 伊達朱里紗が塗り替える 開幕日の熱狂に華を添えた衝撃の四暗刻(徳岡明信)

■10月4日

対戦カード:赤坂ドリブンズEX風林火山KADOKAWAサクラナイツ渋谷ABEMAS

第1試合

この試合では、園田賢(ドリブンズ)が序盤からアガリを重ね、リードを広げていく。終盤には他3者の猛追を受け、オーラスでは松本に逆転条件をクリアする可能性のあるリーチを打たれるが、つかんだロン牌をしっかりと止めて回りきり、流局で逃げ切り。チーム初戦をトップで飾った。

1位 園田賢赤坂ドリブンズ)+57.3
2位 松本吉弘渋谷ABEMAS)+6.6
3位 岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)▲16.6
4位 二階堂瑠美EX風林火山)▲47.3

【観戦記】
やるっきゃない! 気合と期待値の狭間で揺れる園田賢 5年目の覚醒(ZERO / 沖中祐也)

第2試合

この試合の注目は、選手としてのMリーグデビュー戦となる渋川難波サクラナイツ)。序盤から苦戦して一時は4番手まで沈むものの、終盤に連続で満貫のアガリを決め、2位で試合を終えた。トップ獲得は、東2局でリーチピンフ赤裏3のハネ満を決めた日向藍子ABEMAS)。

1位  日向藍子渋谷ABEMAS)+57.7
2位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)+10.7
3位 鈴木たろう赤坂ドリブンズ)▲23.1
4位 二階堂亜樹EX風林火山)▲45.3

【観戦記】
渋川難波は本当に人読みを重視しないのか?(越野智紀)

■10月6日

対戦カード:赤坂ドリブンズEX風林火山KONAMI麻雀格闘倶楽部TEAM雷電

第1試合

序盤から高打点が飛び交う激しい打ち合いを制したのは、松ヶ瀬隆弥(風林火山)。南3局では瀬戸熊直樹(雷電)のリーチに押し切ってチンイツを直撃し、連敗スタートとなったチームにうれしい初勝利を持ち帰った。丸山奏子(ドリブンズ)は乱打戦に巻き込まれて大きなラスとなるも、ツモ番なしリーチなどで見せ場を作った。

1位  松ヶ瀬隆弥EX風林火山)+71.2
2位 滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)+24.2
3位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)▲9.4
4位 丸山奏子赤坂ドリブンズ)▲86.0

【観戦記】
胸の炎は消さないぞ! 赤坂ドリブンズ丸山奏子 は「なんなん!?」と叫びたい(ゆうせー)

第2試合

開幕から3試合連対がなく苦戦していたTEAM雷電だったが、この試合では黒沢咲(雷電)が躍動。南場で3回の満貫をいずれもリーチで仕留める、門前派の「セレブ麻雀」でチーム初トップを獲得した。この試合が出場2戦目となった二階堂瑠美(風林火山)は初戦に続くラス、厳しいスタートとなってしまっている。

1位  黒沢咲TEAM雷電)+68.3
2位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)+13.7
3位 村上淳赤坂ドリブンズ)▲10.0
4位 二階堂瑠美EX風林火山)▲72.0

【観戦記】
アガリの花よ、咲き誇れ 黒沢咲の『セレブ麻雀』が、サンダーロードを明るく照らす(東川亮)

■10月7日

対戦カード:KADOKAWAサクラナイツ渋谷ABEMASセガサミーフェニックスU-NEXT Pirates

第1試合

この試合がデビュー戦となった仲林圭(パイレーツ)が、開局早々ハネ満のアガリを決めてリードを広げる。しかし南場に入り、内川幸太郎サクラナイツ)が高打点のアガリを立て続けに決めて逆転。大トップで、個人・チーム共に今シーズン初勝利を飾った。

1位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)+79.6
2位 仲林圭U-NEXT Pirates)+10.2
3位 白鳥翔渋谷ABEMAS)▲25.4
4位 茅森早香セガサミーフェニックス)▲64.4

【観戦記】
鋭い読みと緻密なバランス 仲林圭はやっぱり強い(東川亮)

第2試合

多井隆晴(ABEMAS)・小林剛(パイレーツ)・堀慎吾サクラナイツ)と、Mリーグでも最強候補としてしばしば名前が挙がる3名が顔をそろえた一戦。多くのロンアガリが生まれた激しい一戦となった中で、序盤に苦戦した多井が親番に連続でチートイツを小林からアガるなどして加点し、トップを獲得した。一時は箱下寸前まで沈んだ小林も、最終的には3位で試合を終えている。

1位 多井隆晴渋谷ABEMAS)+57.5
2位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)+7.3
3位 小林剛U-NEXT Pirates)▲18.0
4位 東城りおセガサミーフェニックス)▲46.8

【観戦記】
小さな積み重ねに、夢をのせて── 頼れる船長・小林剛が選んだ航路の先に待っていたモノ(後藤哲冶)

■ピックアップMリーグ

河野直也が選ぶ「Мリーガー究極の決断」役満vs親リーチ!〜牌山がもたらす運命の一牌〜萩原聖人編

「小林剛、俺たちは打たないよ──」強者たちの選択、思考のぶつかり合いが今年も火花を散らす【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・10月7日】

■10/3-7の結果

開幕週の勝ち頭は、4戦全連対でポイントを積み重ねたKONAMI麻雀格闘倶楽部。唯一の2勝を挙げた渋谷ABEMASが2位につけている。連続ラスを食らってしまったセガサミーフェニックスEX風林火山がやや出遅れた格好だ。

■10/10-14の注目ポイント

開幕8戦では7チームがトップを獲得。唯一トップがないU-NEXT Piratesは、まずは早く1勝して上昇ムードをつかみたいところ。また、各選手も初勝利を収めて、気分良くシーズンを戦っていきたい気持ちは強いだろう。

選手個々で見ると、32選手中、唯一出場がないのが勝又健志(風林火山)。昨シーズンは開幕3週目まで出場がなかったが、今シーズンの起用法はどのようになるのか。また、新加入3選手の中で誰が最初に勝ち星を得るのかも興味深い。いずれも実力者で対局には見どころあり、次戦の戦いぶりは要注目だ。

なお、10月11日は近藤誠一(フェニックス)が伝説となった手順で大三元をアガった日。当日はフェニックスの試合があるが、近藤の出場はいかに。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!